2013年05月20日

リバンドしないためには??

暴飲暴食はもちろんNG


ダイエットを折角成功させてもすぐにリバウンドしてしまうという方は多いのではないでしょうか。

ダイエットをして体重を落としても、安心して気が緩むとたちまち元に戻ってしまうというのはよくある話です。

しかも、リバウンドの怖いところは、下手をするとダイエット前より体重が増えてしまうことがあるのです。

せっかくダイエットに取り組むのであれば、リバウンドのないダイエットをしたいものです。

しかし、どうやったらリバウンドが起こりにくくなるのでしょうか。

ダイエット中は、頑張って食事を制限している方が多いと思います。

食事の量そのものを減らしたり、甘いものや脂っこいものを徹底的にカットしたりと、ダイエットにはいろいろな方法がありますが、怖いのは、ダイエットが成功したとたんに、それらの食事制限を急にやめてしまうことです。

摂取カロリーを減らすことで一時的に減っている体重も、食べるものを元に戻せばまた増えてしまうことになります。

更には、ダイエット中に食べたいものを我慢していた反動で、急に食べ過ぎてしまうというケースも珍しくはありません。

「体重が減ったのだから大丈夫」と安心して暴飲暴食をしてしまうと、体重は元に戻るどころかさらに増加することとなるのです。



ダイエットで大切なのは、目標体重まで落とすことができても、急激に元には戻さないということです。

減らした体重が体になじむまでには時間がかかるものです。

目標体重まで減らすことができたら、今度はその体重を維持することができるように頑張ってみましょう。

ダイエット後の反動を防ぐためには、やはり無理なダイエットは禁物だということです。

無理な食事制限でストレスがたまると、それだけダイエット後の反動が大きくなってしまいがちです。

食事制限をする際には、無理のない範囲で行っていきましょう。

ダイエットが成功しても、食べ過ぎ飲み過ぎには注意が必要だということです。

生活習慣を改善するつもりで取り組んでいくとよいでしょう。

lbb_R.jpg

posted by ♡RISA♡ at 11:07| Comment(0) | ダイエット | 更新情報をチェックする

リバンドしないためには???

体重を落とすときはゆっくりと

「一か月で10キロ痩せる!」 そんな魅力的な言葉につい惹かれてしまうことはないでしょうか。

確かに、ダイエットをしたいと考える人の多くは、早く痩せたいと思っているでしょう。

一刻でも早く理想の自分に近づきたいという考えは、ダイエットの原動力ともなります。

しかし、実際に一か月に10キロなど大幅な体重を落とすことはあまりお勧めできません。 急激に体重を減らすことは、体に大きな負担がかかってしまうからです。

急に脂肪を減らすことで、体や顔に皺ができてしまったり、肌荒れの原因となったりというように、様々なリスクがあるのです。



さらに、一気に落とした体重はリバウンドしやすいとも言われているので注意が必要です。

体の機能というのは不思議なもので、体重を急に落とすと、元に戻ろうとする作用が強く働くのだそうです。

激やせ、劇太りを繰り返す方は、この作用が原因となっているのでしょう。

一か月に落とす理想の体重は、2キロ程度だと言われています。 少しずつ落とした体重は、その分リバウンドもしにくいので、焦らずゆっくりと落していく方が、結果的にはダイエットの成功へとつながるのです。

なので、体重を落としていくときには、二週間で一キロというように目標を細かく設定することをおススメします。

そうするとダイエットで無理することがなくなりますし、体への負担も最小限で済みます。

また、落とした体重は、しばらくキープすることが大切です。

体重を減らすことばかりに考えが行ってしまいがちですが、リバウンドしにくいダイエットをするためには「体重維持」が大きなポイントとなります。

体は体重が変化すると元に戻ろうとするので、体重を減らした後はしばらくその体重をキープし、体になじませてあげる必要があるのです。

「この体重が自分の正しい体重だ」と体に覚えさせるための維持期間を置くことで、リバウンドしにくい体を作ることができます。

ダイエットは気長に、無理なくが基本です。


lbo_R.jpg
posted by ♡RISA♡ at 11:05| Comment(0) | ダイエット | 更新情報をチェックする

リバンドしないためには???

体を動かす習慣を身につけよう

太ってしまう原因の一つに運動不足があります。 ダイエットするときに頑張ってジョギングなどをしていても、目標体重を達成したとたんにやめてしまうというケースがあるとおもいますが、それではリバウンドをしてしまうもととなります。

太りにくい体を作るためには、筋肉の量を低下させないことが大切です。

せっかくダイエットのために鍛えた筋肉も、運動をやめてしまえば落ちてしまいます。

筋肉が落ちてしまうとその分脂肪が付きやすくなってしまうので、リバウンドが起こる原因となるのです。

リバウンドを防ぐためには、目標体重を達成した後も運動を続けるのが理想的です。

筋肉を継続的に鍛えてキープすることができれば、基礎代謝量が落ちることはなく太りにくい体を維持することができます。

継続的に運動をする時間を作るのが難しいという場合は、日常生活の中で体を動かす機会を増やすように心がけてみてはいかがでしょうか。

エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う。

バスや電車を使う距離を減らして歩くようにする。 歯磨きタイムに爪先立ちをする。

このようにちょっとしたエクササイズを生活に取り入れることで、筋肉の衰えを防ぐことができます。

また、主婦の方なら、家事は絶好のエクササイズです。

窓ふきやぞうきんがけ、掃除機かけなどは全身の筋肉を使うので、筋肉量を増やすことができるのです。



拭くときに少し手を大きく動かしてみたり、ぞうきんがけをするときは膝を曲げて立ち座りする様にしたりと、掃除のときの姿勢に一工夫するだけでエクササイズ効果はぐっとアップします。

もちろん、時間があるときはジョギングやヨガ、ピラティスなど本格的なエクササイズに取り組んでみるのもよいでしょう。

間接に負担をかけずに効果的な運動の出来る水泳もおススメです。

時間を見つけてなるべく積極的に体を動かすことが、リバウンドを防ぐとともに健康づくりに非常に役立ってくれるはずです。

まずはできることからはじめてみましょう。

lbk_R-262x300.jpg
posted by ♡RISA♡ at 11:02| Comment(0) | ダイエット | 更新情報をチェックする

リバンドしないためには??

筋肉量を増やすトレーニングを


ダイエットをして体重を落としても、リバウンドをしてしまうというのはよくあることです。

ダイエットすればするほどリバウンドが大きくなるという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

もっともリバウンドしやすいダイエットは、急激な食事制限によるものです。

襲撃な食事制限で体重を一気に落とそうとすると、脂肪を燃焼して減らすのではなく、栄養不足により筋肉量が急に低下してしまうこととなります。

筋肉が落ちればその分体重も減るのですが、その時点で体に残っているのは筋肉ではなく脂肪です。

筋肉の減った体は、基礎代謝量が減ってしまうため、燃焼カロリーが減り、リバウンドの原因となってしまうのです。

筋肉は、ただあるというだけでカロリーを消費してくれますから、ダイエットにとっては大きな味方となります。

そのため、筋肉を減少させる急激な食事制限は、リバウンドしやすいダイエットということになるのです。

リバウンドしにくくするためには、食事制限でカロリー摂取を抑えながらも、筋肉量をキープすることです。

筋トレなどを行って筋肉を鍛えることで、リバウンドしにくいダイエットをすることができるのです。



運動があまり得意でない方は、筋トレを敬遠してしまいがちなのですが、そんなに激しいトレーニングというわけではありません。

筋肉が落ちてしまわないように、少し体を動かすだけで十分なのです。

筋肉量をキープするための運動にはいろいろありますが、ヨガやダンベルトレーニングなどは、体への負担が少ないうえに効率的に筋肉と鍛えることができるのでおススメです。

ダンベルトレーニングも、重い負荷は必要ありません。

500ミリリットルのペットボトル程度の重さで十分効果があります。

ヨガもダンベルもゆっくりと行う運動なので、スポーツな苦手な方でも大丈夫です。

体を動かすことはストレス解消にもなりますから、ダイエット中の気分転換にもピッタリです。

食事制限をするときには筋トレをセットして、リバウンドしにくいダイエットを目指しましょう。


lbki_R.jpg
posted by ♡RISA♡ at 10:58| Comment(0) | ダイエット | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。