2013年06月08日

お家で気軽!!半身浴ダイエット〜♪

〜半身浴ダイエット〜


clm0056a-1.jpg


★半身浴の驚くべき効果とは?

半身浴とは、体温よりも少し高い温度のお湯に、胸のあたりまで浸かる入浴法です。
全身浴に比べ、長く入浴でき、多くの効果が得られます。
小さい頃は「肩まで浸かりなさい」と言われたものです。
肩まで浸からないと温まらないのでは?と思うかもしれませんが、
半身浴は長くゆっくり入浴することで、肩まで浸かる全身浴よりも体を芯から温められるのです。
半身浴はどのような効果が得られるのでしょうか。



★発汗作用によるデトックス効果★

半身浴を行っている人から「滝のように汗が出る」とよく聞きます。
半身浴には発汗作用がありますが、汗だけでなく、体内に蓄積された毒素や脂肪を排出してくれるのです。
余分な水分も排出できるので、気になるむくみも解消できます。
血行促進で新陳代謝UP!

半身浴は、血行を促進して新陳代謝を高める効果があります。
新陳代謝が高まると、太りにくい体質を作ることができ、肌も美しくなります。
また、血行が良くなると、余分な脂肪も温まって燃焼しやすい状態になります。
そのため、半身浴を行いながらのマッサージは、脂肪燃焼に効果的です。



★ストレス解消効果★

半身浴は、副交感神経を優位にする効果があり、体の緊張をほぐしてリラックスさせてくれます。
好きな音楽を聴きながら半身浴を行うことで、リラックス効果をさらに高めることができます。



★冷え性・低体温の改善★

芯まで温まって血行が良くなることで、冷え症・低体温が改善されます。
体が冷えていると脂肪が燃えにくく、基礎代謝が低くなってしまいます。
冷え性・低体温を改善して、脂肪の燃えやすい体質を作れます。



★半身浴の方法★

全身浴に比べ、心肺機能への負担が少なく、体に良い入浴方法とされている半身浴ですが、
正しい入浴方法を知っていますか? 決してお湯の量を減らすだけではありませんよ!
効果的に半身浴を行うためにも、正しい半身浴の方法を確認していきましょう。



★お湯の温度★

お湯の温度は38~40度ぐらいに設定しましょう。
高い温度で入浴するのを好む人には、「ぬるすぎる」と思ってしまうかもしれませんが、半身浴は時間をかけてゆっくり温まることで効果が得られます。
温度が高いと、たとえ半身浴であってものぼせてしまいますので、体温より少し高めの38~40℃のお湯で入浴しましょう。
また、入浴しているうちにお湯の温度が下がってしまう場合もあります。
この場合には、お湯を足して温度を保つようにしましょう。
お湯を足しすぎてお湯の量が増えすぎてしまうのは良くないので、お湯の量も調節しながら温度を保つようにすると良いでしょう。



★お湯の量★

お湯の量は、入浴したときにみぞおちあたりまで浸かる程度が良いでしょう。
お湯の量が多くなると、心肺機能への負担が大きくなってしまいます。
入浴は、自分が思っている以上に体への負担が大きいです。
長時間入る場合には特に、お湯の量には気をつけましょう。



★入浴の時間★
効果的な入浴時間には、個人差もありますが、少なくても20分は半身浴を行わなければ効果的とは言えません。 体が温まって、汗が出始めてくれば、体が芯まで温まっていると言えます。



★水分補給★

半身浴を行う時間が長くなれば長くなるほど、体から奪われる水分の量は多くなります。こまめに水分補給を行うことが大切です。
ミネラルウォーターなどを、お風呂に用意しておくと良いでしょう。
diet-detox_b.jpg



★上半身の冷え対策★
半身浴は、上半身はお湯につかっていないので、最初のうち寒いと感じる場合もあります。 お風呂のふたをはずした状態で浴室を温めたり、換気扇を止めると良いでしょう。 また、上半身が濡れていると冷えやすいので、タオルでしっかり拭くとさらに上半身の冷えを防げます。



★半身浴の注意点★

半身浴は、ダイエットや健康、美容にも高い効果がありますが、入るタイミングやその日の健康状態によっては、体調を崩してしまう場合もあります。 リラックスして入浴することも大切ですので、体調が良くない場合には無理しないようにしましょう。
また、食べてすぐの入浴は消化不良を起こす可能性があるので、食事の後は30分くらい休んでから入浴するようにしましょう。

半身浴をして、心も体も、リフレッシュしましょぅ〜♡

bathic6.jpg
posted by ♡RISA♡ at 12:47| Comment(0) | ダイエット | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。